トールペイントに出会って気が付けば20年。 愛猫を描きたいと思ってあれこれ描いてるうちに、猫とバラが得意に。 ベランダで植物を育てる「ベランダー」でもあります
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
今年3月末にオーダー頂いてたものです。
資料集めやデザインにちょっと手間取って、さー描くぞ!と思った矢先に母が急逝。
3か月ほど筆が持てず、結局半年経ってしまいました。


ハチワレのももちゃんを桃の花と一緒に。


画像では見えずらいですが・・・白と黒の毛並みは一番大変な組み合わせだと思ってます^^;

ちなみに、黒にも白にも、それぞれ5,6種類の色を使ってます。
以前は色はグレーの濃淡で影をつければ毛並が描けると思ってましたが「色がなぜその色に見えているのか」をよく考えて描くようになってからは、先入観にとらわれずに色を入れていく方法に変えました。
なんとなくその方が本物っぽい感じが出せるようになりましたね。

周りの桃の花はサイドロードで描く方法と、豚毛筆でかすれ気味に描いてピンボケ状態のものとで強弱を。

桃の花の花言葉、可憐なイメージの花言葉もあるんですが、その中になんと「天下無敵」っていうのがあるのには驚き・・・^^;

まぁ、可愛さでは天下無敵ですけどね(笑)

オーダーして下さった飼い主様にも、喜んでいただけたようでほっとしました♪


Paint Studio CAT&GARDENのお問合せはこちらから

ブログランキングへブログランキングへ

ハンドメイドマーケットminne

※次回のワークショップは10月20日と書きましたが、都合により27日(土曜日)に変更になりました。ご了承ください。m(__)m

今回ワークショップに使ったコースターはスレート、夏のイメージですよね。
ですので、次回からは秋・冬イメージで、使える素材をと思っています。
…すこしお値段を上げざるを得ないかもしれないですが。。

さて、今回のワークショップ中にちょっと時間があったんで、手元にある色だけでバラを描いてました。

平筆とフィルバートで描いてます。

ワークショップの見本と並べてみたら、なんかシリーズものみたいで綺麗。


スレートの素材は下準備の手軽さもありますが、エナメルペイントで描けばニスを塗らなくても十分綺麗という理由もあります。

木製品に描くと、どうしても仕上げ材を塗らないと傷が付きやすくなります。
素材との一体感もないですしね。

ワークショップでは30分とか1時間という時間と、ドライヤーやニスといったものが使えない制限があり、なかなか使えるものが限られます。

ということで、次は布物かもしれません。

・・・自作の素材になりそう~。^^;タイヘンダ

で、この描いたコースター、どうしようか・・・と。
シリコンキャップもあって、、部屋が見本だらけになるのは困るんだ。

たぶん来年の夏には、このコースターはもう手に入らないだろうし。
つまりワークショップにはもう使えないってこと。

何度でも使える見本を作るべきなんだろうけど、私の頭ではそんな先まで考えが及ばなくてねぇ(笑)




Paint Studio CAT&GARDENのお問合せはこちらから

ブログランキングへブログランキングへ

ハンドメイドマーケットminne

さて、ワークショップを開催したとき、ガラス用絵の具がだいぶ減ってきているのに危機感を感じた私^^;

この絵の具、実は20年近く前のものなんです。
フォークアート社の「エナメル」という商品。



なんとなーく検索してたらちょうど沢山の種類を揃えてるお店があったので、ぽちってしまいました(笑)



ホワイトに見えるボトルは色がないメディウムです。これを混ぜると定着性を落とさずに透明感が出るし、下地や完成後の保護としても使ってます。
今までアンバー色(茶色)は混色していたので大変だったけど、これでさっと描ける~♪

薄めのパープル色やオレンジといった、混色では出せない色も買えたし。

あと、小さなスポンジローラーも見つけて即買い。
いつも購入するサイトではもう扱ってないので、探してたんですよ。

ちなみに、新しいカメラを手に入れたので、この記事の写真から使ってますが、やっぱりスマホより断然きれいだし美しく撮影できますね。

色々撮ってみたいけど、そんな時に限って作品がない^^;




Paint Studio CAT&GARDENのお問合せはこちらから

ブログランキングへブログランキングへ

ハンドメイドマーケットminne


見ての通り、スポンジです。

タイトルにあるように、これは化粧用のスポンジ。
アメリカのアーティストさんが、化粧道具をよく絵を描くときに使ってるのを見て、
確かに肌に良いなら、紙の上で描くときには繊細な表現ができるかも…
と思って買っておいたんです。

・・・私は化粧は全くしないんですが(できないというのが正しい)

でも、数か月使わずに眠ってたんです。

で、3月に頂いたとあるオーダーで使うことになった素材が

このレーザーカットのプレートです。
縁はゴージャスな飾り切りで、ここをほのかにピンクにしようと思ったんです。
しかしどうやって?

持ってる海綿は穴が大きくてこの繊細なグラデーションは出せない。
トール用のスポンジもやっぱり細かさがない。
で、思いついたのがあのスポンジ。

こんな時は化粧用のスポンジが役に立ちますね。
100均に行けば「水なし・水あり両用」タイプで、いろんな形があります。
リキッド専用とかでもいいかも。

こんなところを筆でサイドロードできませんし。
本当はスポンジローラーがおすすめだと書いてありましたが、
あいにく小さめのローラーがなくて。
段差があるプレートなので、おっきなスポンジローラーでは扱いにくそうだな~と
思ってたなら小さなローラーを買えばよかったのにね。

・・・ベースのベタだけは筆で塗るつもりだったので。

お請けしたのは愛猫さんのポートレート。
ねこさんと一緒に、桃の花を描きます
下描き状態。。

桃はね、さくらと似てるんですけど、花の付き方が全然違うんですよね。
なかなかこれだ!っていう資料がなくて、画像検索とスケッチで何日つぶしたか。。

うまく描けないので、時間がかかるのは仕方ないですね^^;




Paint Studio CAT&GARDENのお問合せはこちらから

ブログランキングへブログランキングへ

ハンドメイドマーケットminne

「とりあえずやりたいと思ったら手をつけてみよう!」
を今年の合言葉にした私。

最後までやり通せればいいのですが、それよりも今私にとって重要なのは
「やる気を持続させること」なんです。

後ろ向きな事も、たまに言ってもいいと思うし、いつも
「ファイトー!」ってテンション高いと、
いつか病気になっちゃう可能性大ですからね^^;

ちょっとでも出来ることを増やして、あら、私ってこんな事もできるんだ
とちょいとワクワクできれば、次へのエネルギーになりそうなので。

そんな「ちょいワク!」を増やすのが狙いです♪
わくわくしてないと、作品にもろに影響するので、体調管理と並行して
バランスよく生活しましょう、と言い聞かせてます(笑)


さて、これは年末に頂いて描いたガラスキャニスター


猫さんが窓辺に座ってます^^*

ガラスに描くときは、先にスポンジで下地を作った上に描くか
しっかり筆に絵の具をのせて、ストロークで描くのがきれいに描く秘訣です。

絵が上手く描けない、というのはもれなく「筆が上手く作れてない」
ということなので、描き方よりも筆の水分量・絵の具量・なじませ方
が問題ということは多いです。

「先生のように描けない・・・」と思ってる方は
一度先生に筆を作って(絵の具を取ってなじませての意味です)もらって
描いてみると、こんなに描きやすいのか!とびっくりするはずです。

なんせ、私がワンストロークを習ってた時がそうでしたから。

もちろん、筆の動かし方も重要ですけどね。


Paint Studio CAT&GARDENのお問合せはこちらから

ブログランキングへブログランキングへ

ハンドメイドマーケットminne

カレンダー
12 2020/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カウンター
いつも来てくださってありがとう♪
  お願い
作品には著作権がありますので、画像の無断使用、デザインの盗用はしないで下さい。
コメントありがと! 
コメントを非公開にすると、コメントも返信も読めなくなりますのでご注意くださいね(管理者にはちゃんと届きます)
[06/27 きなこ]
[05/20 NOZOMI,H]
[11/30 saori*]
[11/21 きなこ]
[11/10 みっち]
ブログ内検索
ランキング順位
応援して下さると嬉しいです♪
プロフィール
HN:
saori*
性別:
女性
職業:
トールペインター
趣味:
猫と遊ぶこと
自己紹介:
とにかく「猫が好き♪」なペインターです。
膠原病の治療をしながら創作活動してます。
ペイントに限らず、ハンドメイドは何でも好き♪
下手でもめげずに!をモットーに、チャレンジします。

※当ブログの内容に関係ないコメント、不適切と判断したコメントは、管理人の判断で削除させていただきます。ご了承ください。
携帯からもアクセスできます♪
SNSボタン
material by:=ポカポカ色=